日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 TOKYO+ ひときわ輝く商店街

TOKYO+ ひときわ輝く商店街

商店街研究会 編著

本書は2013年に刊行した『TOKYOキラリと光る商店街』に続く、商店街活性化事例集の第2弾。前作からさらに研究を深め、新たに蓄積した、時流を反映した新しい取り組みや地域活性化のノウハウの集大成となっている。インバウンド、IT、ハロウィンイベント、まちバル、ポイントカード、地域連携、空き店舗対策などの施策ごとに、具体的な取り組みを行っている商店街を紹介。都内の商店街だけではなく、地方の商店街も掲載している。活用可能、実現可能な取り組み、商店街の活性化を成功に導くポイントを解説した一冊だ。

(四六判/200頁/1500円(税抜き)/同友館)

次の記事

金津健治

「目標による管理」(目標管理)は、今日ではどこの企業でも人事評価制度や経営管理の仕組みとして欠かせないものとなっているにもかかわらず、多くの職場ではいまだに試行錯誤が…

前の記事

矢ケ崎紀子/野原蓉子

訪日外国人旅行者を2020年に4000万人にする政府目標の下、国、自治体、産業界、地域がそれぞれ対応に取り組んでいる。本書は、インバウンド市場の動向や、それに対する政府と地…

関連記事

小林久/野原蓉子

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍に…

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を豊富なデータや海外事務所から…

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…