日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ スポーツを通じた交流を おもてなしの心で開催

サッカーを通じてチームワークも培った

鹿児島商工会議所青年部は昨年27年7月31日~8月2日の3日間、鹿児島市において、西日本初となる「商工会議所青年部第13回全国サッカー大会鹿児島大会」を開催した。スポーツを通じたメンバー同士の交流や連携促進を目的に、サッカーの勝負だけでなく、開催地の風土・観光・グルメなどを存分に楽しんでもらおうと、毎年日本YEGが後援して各地で実施している。今年度の開催地である鹿児島YEGは、参加メンバーが、また鹿児島に行きたいと思う「おもてなし」の大会になることを目指し、運営に力を注いた。

今回で13回目となる同サッカー大会は、年々規模が拡大。今大会では北は青森から南は沖縄まで、48チーム・1100人を超えるメンバーが参加した。

当日は天候にも恵まれ、鹿児島ふれあいスポーツランドで真剣勝負のチャンピオンカップ、鴨池陸上競技場補助グラウンド・鴨池緑地公園球技場で交流を目的としたチャレンジカップを行った。2日間にわたって熱戦が繰り広げられ、チャンピオンカップでは「藤枝YEG(静岡県)」、チャレンジカップは「福知山YEG(京都府)」が優勝した。

また、前夜祭や大懇親会、プレミアム船上パーティーも実施。参加メンバーから「全国のメンバーと深く交流することができた」「純粋に楽しむことができた」「また鹿児島に来たい」などの言葉も上がり、好評を得た。

メンバーは、「平成28年度開催地の山形県連長井YEGにもこの熱い思いを引き継ぎ、これからも全国サッカー大会が、仲間と感動を分かち合い、サッカーをすることの楽しみを体感できる場になることを願っている。また、微力ながらできる限りの協力も行っていきたい」と話している。

次の記事

熊本県 人吉YEG

アジアの玄関口である九州地方では、東京オリンピック・パラリンピックを4年後に控える中、インバウンドの整備をさらに加速させる必要があります。私たちの地域には独特の伝統…

前の記事

佐賀県 鳥栖YEG

鳥栖商工会議所青年部は昨年11月28日~12月27日までの約1カ月間、「ハートライトフェスタ2015」を開催。「育まれた鳥栖のために・未来に繋(つな)がる鳥栖のために」というコン…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…