セレクト地域短信 巨大オブジェで地場産材をPR ありがた~い福耳で ハッピーニュー耳(イヤー)

「子どものころから地場産材に触れてほしい」との願いから、除幕式に招待された園児たち

日向商工会議所(宮崎県)は昨年11月26日、日向市内の道の駅「とうごう」に地元産の〝耳川杉〟を使った巨大な福耳像を設置。訪れる人を楽しませている。

ふっくらとした大きな耳たぶが特徴的なこの福耳像は、高さ約2m、幅1・6m。樹齢100年以上の耳川杉の原木を使い、地元の工芸店が約1カ月半かけて制作した。設置当日に行われた除幕式には、地元の保育園の園児たちが参加。すべすべとした木肌の感触を楽しんだり、記念撮影をするなど、にぎやかなお披露目となった。

この福耳像を企画・設置したのは、同所が地元の木工関係者と組織する耳川流域林地残材木工協議会。日本一のスギの産地である宮崎県と、その生産量の3割を占める耳川杉のPRを目的に、文字通り耳のように蛇行して地元を流れる、耳川の形にちなんだ像を制作したという。

同協議会は昨年12月、道の駅を訪れる市内外からのお客を対象に、福耳像についてのアンケートも実施。「触ると願い事がかないそう」「宝くじが当たるよう祈願した」と〝縁起物〟として評価する声が最も多く、同市の新名物となりそうな人気ぶりだ。

同協議会は、「地元では、木材価格の低迷などから地場産業の林業が冷え込みがち。耳川杉をブランド化し、林地残材(木材を精製する際に出る端材や間伐材など)の活用や販路開拓につなげるため、今後も新商品開発など、さまざまな活動に取り組みたい」と意気込みを語った。

問い合わせは、同所(☎0982・52・5131)まで。

次の記事

セレクト地域短信 ブーム終焉の地から「復活」ののろし フラフープイベント開催

千葉県 東金商工会議所

東金商工会議所(千葉県)は昨年11月23日、東金市内で、フラフープを使った対戦型のスポーツイベント「EGフープバトル世界選手権」を開催。6才から67...

関連記事

セレクト地域短信 三井住友海上と連携協定 企業の育成・振興図る

三重県 亀山商工会議所

亀山商工会議所(三重県)は、会員企業の育成・振興による経営支援で地域経済活性化につなげるため、三井住友海上火災保険と包括連携協定を6月21日に...

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...