日商 Assist Biz

更新

新型コロナ 感染防止策への協力 政府から再要請

日本商工会議所は7月29日、新型コロナウイルスの新規感染者数が首都圏や関西圏を中心に再び増加しており、社会経済活動を維持しつつ、感染防止策に取り組むことが急務なことから、政府から感染防止策への協力を改めて要請された。①業務後に大人数で会食や飲み会を行うことを控えること、②会食で飲食店などを利用する場合には、今後運用の拡大が見込まれる、生活衛生関係の業界団体が確認した上で発行するポスターやステッカーのほか、飲食業界が策定している感染防止ガイドラインに対する自己適合宣言マークなどの表示に留意すること、③「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」のダウンロードや、感染者が発生した店舗を利用者に通知するためのシステムを地方自治体が独自に導入している場合には当該システムの利用について、事業の公益性を踏まえつつ、自社従業員はもとより、取引先企業にも推奨すること、④テレワーク、時差出勤、自転車通勤を推進すること、⑤体調が良くない従業員を出勤させないこと、の五点。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン