コネクテッド・インダストリーズ 三村会頭「中小に気付きを」

経済産業省は8月31日、「コネクテッド・インダストリーズ」大臣懇談会を開催した。「コネクテッド・インダストリーズ」とは、企業、設備などをデータでつなぐことで技術革新を目指す国の産業戦略。会合に出席した日本商工会議所の三村明夫会頭は、日本経済が大企業と中小企業の連携によりその強さを発揮している点を強調し、「中小企業経営者にITやIoT化の必要性や有用性に気付いてもらい、その気になってもらうことが必要」と訴えた。

また、中小企業が採用するためには低コストで導入できることが重要であることから、大企業に対して「自社サプライチェーン強化の観点からも協力してほしい」と要望。バックオフィスの生産性向上に向けたEDIの推進についても、業界を超えた国際標準に基づく「共通EDI」の実証事業が行われていることなどを紹介した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする