日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 常にポジティブに前進し続けよう

近畿ブロック代表理事 辻 明(箕面YEG・大阪府)

今、日本の経済状況は安倍政権のもと、「3本の矢」である「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」で、経済再生に取り組み、上場企業を中心に浮揚感が出て来ました。しかし、依然として為替の不安定な状態などもあり、中小零細企業としては景気の持ち直しを実感できないままの状況です。

このような状況の中だからこそ、YEGメンバーがお互いの知恵と力を結集し、協力することが何よりも重要です。情報交換だけでなく、これまでのビジネスネットワークを再構築することで、新たな価値を生み出す「イノベーション」が必要ではないでしょうか。

本年度の近畿ブロックYEGは「~和顔愛語~さあ、夢に挑め! ポジティブ! アクティブ! ビリーブ!」をスローガンに活動しています。辛いときこそ、まず自分から笑顔と優しい言葉で周りの人と接する「和顔愛語」の姿勢が必要なのです。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

愛媛県 八幡浜YEG

八幡浜商工会議所青年部では平成18年度に「八幡浜ちゃんぽんプロジェクト」を立ち上げ、以来、ご当地グルメを核とした官民一体となったまちづくり事業を推進している。 本年度…

前の記事

兵庫県 宝塚YEG

宝塚商工会議所青年部などは11月1日、宝塚大劇場前の武庫川河川敷で、直線に並んだラインダンスのギネス記録に挑戦するイベントを開催した。当日は小雨の降る中、約4500人が参…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…