ツーリズムEXPO 独自の旅行商品PR 10会議所が22日から出展

日本商工会議所は、22~24日まで、東京ビッグサイトで開催される「ツーリズムEXPOジャパン2017」に、全国の商工会議所が開発した観光商品を紹介する展示ブース「『行きたくなる』が、いっぱいある~ニホン旅いちば~」を設置する。日商が全国の商工会議所や事業者と連携し実施している「地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト」(中小企業庁補助事業)で開発された、地域ならではの資源を活用した新たな観光商品を出展する。

参加する商工会議所は、登別(北海道)、弘前(青森県)、新庄(山形県)、酒田(山形県)、久慈(岩手県)、糸魚川(新潟県)、上越(新潟県)、上田(長野県)、塩尻(長野県)、西条(愛媛県)の10商工会議所。その地域にしかない、その地域でしか体験することのできない独自の着地型旅行商品(旅行者を受け入れる地域でつくられる旅行商品)で地域の魅力を発信するほか、旅の疑似体験ができるプログラムなどを実施する。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする