日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 報告書・レポート・議事録が面白いほど書ける本

報告書・レポート・議事録が面白いほど書ける本

永山嘉昭 著

ロングセラーの定番書『報告書・レポートが面白いほど書ける本』に「議事録の書き方」の新章が追加された。ビジネスにスピードが求められるからこそ、議事録・報告書・レポートの形も変わってくる。内容が正確であることはもちろん重要だが、時には丁寧に仕上げることよりも、スピードが優先されたり、書面で正式に提出するよりも、メールでの作成が求められたりすることがある。

そうしたビジネス環境の変化に合わせて、シンプルにパッと伝わる報告書・レポートなどの書き方の具体例が満載の一冊となっている。

(四六判/176頁/1404円(税込み)/KADOKAWA)

次の記事

影島広泰

小さな会社・お店の新・個人情報保護法とマイナンバーの実務 影島広泰著 2017年5月30日に施行された「改正個人情報保護法」。「改正個人情報保護法」の基礎知識・対応策・業…

前の記事

影島広泰

「ITビジネス法務」を検討するとき、「いまさら聞けない雰囲気」の中で「知ったかぶり」のままやり過ごすことになりかねないIT用語の基礎知識について、この分野の第一人者であ…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…