日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 都と東商が防災協定 備蓄支援などで連携

防災連携協定の締結式

東京商工会議所と東京都はこのほど、首都直下型地震などの大災害に備えた防災連携協定を締結した。東商が帰宅困難者の受け入れや水や食料などの備蓄を会員企業7万6千社に要請。都は事業者の備蓄品購入や保管場所の確保を支援するほか、災害後の企業の事業継続のための計画づくりも後押しする。

そのほか、防災に関するセミナーなども実施し、会員企業の防災に関する技術の活用などに両者で連携して取り組んでいくことなどが盛り込まれた。

協定締結式で東商の三村明夫会頭は「事業継続計画も備蓄も重要。会員企業に呼び掛けたい」と述べると、舛添要一都知事も「商工会議所の協力は心強い」と応じた。

次の記事

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)が全国から募集し、今年2月に誕生した因島のイメージキャラクター「はっさくん」が、地元のイベントに出演したり、TV番組の取材を受けたりと、PR活動に…

前の記事

埼玉県 川口商工会議所

川口商工会議所(埼玉県)は会員企業にクールビズの取り組みを勧める一環で「私の企業もクールビズ宣言!」と銘打って缶バッジを有料配布している。職員も胸元などにつけて、会員…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…