日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 中国ビジネス 事例で学べ 在阪企業12社にインタビュー

大阪商工会議所会員は無料、一般・特定商工業者には540円で販売している

大阪商工会議所は6月4日、中国ビジネスに積極的な在阪企業12社の取り組みを紹介して会員事業所の中国進出に役立ててもらおうと、『中国販路拡大事例集~「中国でいかに売るか」を考える~』を発行した。

事例集では、江崎グリコや日立造船、ヤンマー、コクヨなど、中国に製造・販売拠点を持つ在阪企業10社とコンサルティング会社2社にインタビュー。小売店に商品を置くための「入場料」、営業や債権回収に不可欠な中国社員の人材育成など、日本とは異なる商習慣に対応するべく各企業が行ってきた取り組みを、担当者自らが紹介している。

同所は平成15年に「中国ビジネス支援室」を設置。個別相談室やセミナー・商談会の開催、視察団の派遣などを行ってきた。日中関係が悪化してからも、昨年7月に実施した「在関西企業の中国ビジネス展開に関するアンケート」の調査結果では、約半数が中国の「販売拠点(購買力)」としての役割に期待、と回答。同所は引き続き、個別無料相談会を毎月実施して、会員事業所の中国ビジネスを支援していく。

次の記事

新潟県 糸魚川商工会議所

糸魚川商工会議所(新潟県)は、同市の特産である「ヒスイ」と「地酒」を活用したご当地カクテル「ヒスイカクテル」を考案。1日から市内飲食店で提供を開始した。同所で新たに開…

前の記事

岡山県 備前商工会議所

備前商工会議所(岡山県)がPRしている備前焼のビアマグが「ビールが喜ぶ器」と称されるなど、ビール本来のうまさを引き出すカップとして飲食店だけでなくビールメーカーなどから…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…