中小企業庁 小規模の経営「変化」を調査

中小企業庁は11月21日、「ここ1年の中小・小規模企業の経営状況の変化について」の調査結果を取りまとめ、公表した。調査期間は、10月2~10日。全国の商工会議所などを通じて中小・小規模企業1414社に調査した。

調査結果を見ると、1年前と比べて売上高が「増加」と回答した企業が49・9%で、「減少」と答えた企業は34・5%。同じく経常利益については、「増加した」企業が38・8%、「減少した」との回答は47・6%という結果となっている。

経常利益が減少した企業の利益減少の要因は、「原材料・エネルギーコストの変化」を挙げる企業が62・9%と最多。また、全体の8割を超える企業で1年前と比べて原材料・エネルギーコストが「増加した」との回答があり、業種別にみると、特に運輸・郵便業、基礎素材型製造業、生活関連型製造業でコスト増の幅が大きくなっている。

すでに、中小企業庁では、原材料・エネルギーコスト増加分の適切な価格転嫁の要請、原材料・エネルギーコスト増に関する相談窓口の新設や専門相談員の配置などを実施。コスト増に苦しむ中小・小規模事業者の経営支援に力を入れている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする