会頭会見 消費税引き上げ「先送りは残念」

日本商工会議所の三村明夫会頭は1日、定例の記者会見で、消費税引き上げの先送りについて、「残念だ。社会保障制度の持続的な維持、さまざまな施策の財源確保を考えると、消費増税は足元では悪い影響を与えるが、将来的に日本には必要」と強調した。また、「2年半後にはどのような経済情勢であっても実行するということを言ってほしい」と述べ、「2年半先に消費税を上げられないようであれば、日本はおそらく財政的に破綻する」と警鐘を鳴らした。

経済対策については、「財政出動があるのであれば、ミッシングリンクを解消する道路網の整備などストック効果の高い投資、早期に人口トレンドを変えるような一億総活躍の施策や少子化対策などに限定すべき」と注文を付けた。また、アベノミクスを加速させるためには、「設備投資を担う企業家は、もう少し大胆に行動することが望まれている」と述べ、民間による積極的な投資に期待を寄せた。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする