日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 実践 貿易実務(第12版)/「不思議な会社」に不思議なんてない

実践 貿易実務(第12版)

石川雅啓 著

本書は貿易や国際取引に携わる人たちの必携の書として、28年の長きにわたって発行を続けているロングセラー。国際取引の枠組みから貿易管理制度、通関手続きと関税、商事トラブルの解決策まで、各分野にわたり詳しく解説。

(A5判/496頁/税込み3132円/日本貿易振興機構)

「不思議な会社」に不思議なんてない

荒木恭司 著

社員が辞めない、出産育児後100%復帰、ほぼ全員参加の社員旅行、本気の大運動会……。建設業をサービス業に変えて右肩上がりの成長を続ける島根県松江市に本社を構える島根電工グループの「必然の不思議」の秘密をトップ自らが語る。

(単行本/207頁/税込み1512円/あさ出版)

次の記事

王一郎/山極清子

本書は、函館市とその周辺に展開している地域ナンバーワンハンバーガー店・ラッキーピエロの経営の秘密を解き明かした一冊。独自化経営のノウハウと自身の学びの心、スタッフへ…

前の記事

山本貴之/冨山和彦/営共創基盤

M&Aの「新」潮流 山本貴之著 本書は日本政策投資銀行M&Aアドバイザリーチームが総力をあげて、業界再編の重要な選択肢である日本のM&Aの最新トレンドを大胆に分…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…