おすすめ書籍 世界が驚く!日本の宝 稼ぐ!地方創生

世界が驚く!日本の宝 稼ぐ!地方創生

世界が驚く!日本の宝 稼ぐ!地方創生

山本幸三 著

第3次安倍第2次改造内閣で地方創生担当大臣を務めた筆者が、地方創生のベンチマークは「所得を向上する(稼ぐ)」にあることと定義付け、大臣任期中に全国130以上の地方創生の現場を自らの足で視察し、各自治体や事業者、学校やNPO法人などから得た「生きた情報=地方創生のヒント」をまとめた指南書。それぞれの取り組みが「いかに稼いでいるか?」を視点に、「稼ぐ!」ことが地方創生の要であることを事例で紹介している。

事例は、児島商工会議所(岡山県)がリーダーシップを取り、国産ジーンズ発祥の地という特徴を生かして活性化に取り組んだ商店街「児島ジーンズストリート」、カニかまぼこの製造装置で世界シェア約7割を占める山口県宇部市のものづくり企業「ヤナギヤ」、ITを活用して売り上げを伸ばした神奈川県秦野市の鶴巻温泉にある旅館「陣屋」など、全国各地の取り組みを取り上げている。

(A5判/240頁/1500円(税抜き)/実業之日本社)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

おすすめ書籍 2018年版 日本の労働経済事情/季刊 資産承継

日本経済団体連合会/野村資産承継研究所

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、わが国の労働市場の動向や、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)をはじ...

前の記事

おすすめ書籍 経済学は悲しみを分かち合うために ‐私の原点/インバウンドの消費促進と地域経済活性化

神野直彦/日本交通公社

「お金で買えないものこそ大切にしなさい」。幼き頃の母の教えに導かれ、やがて青年は経済学の道を歩み始める─。新自由主義にあらがい、人間のため...

関連記事

おすすめ書籍 実践! 下請法 ~セミナー・出前講義でも使用中~ 2021年8月改訂版

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会がセミナーや企業への出前講義で使用するテキストの改訂版。下請法などの関係法令や標準基本契約書、下請法...

おすすめ書籍 よけいなひと言を好かれるセリフに変える 働く人のための言いかえ図鑑

大野萌子

仕事の人間関係は、その「ひと言」でがらりと変わる―。2万人にコミュニケーション指導をしてきたカウンセラーの著者が、「言い方」で損をしない言...

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする