外国人材受け入れ 「促進は必要」45% 日商調べ 製造業では5割超

産業界における外国人材の受け入れ促進の必要性

日本商工会議所はこのほど、産業界における外国人材の受け入れ促進の必要性に関する調査結果を発表した。「受け入れ促進は必要」と回答した企業は45・4%、「受け入れ促進は不要」と回答した企業は14・2%、「分からない」と回答した企業は、40・4%となった。

業種別では、「受け入れ促進は必要」と回答した企業は、製造業(50・3%)が最も高く、サービス業(45・7%)、小売業(43・5%)が後に続いた。

ヒアリングした企業からは、「外国人材の受け入れに当たっては、社会的な影響があるため、法律や制度の整備を行った上で、促進することが重要」(金属熱処理)、「産業界として外国人材の受け入れを促進すべきか否かは分からないが、当社はインバウンド需要の増加により接客要員として外国人材の必要性を感じている」(百貨店)といった声が聞かれた。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする