農産物輸出拡大 15団体で連携協定 新支援組織創設目指す

日本商工会議所をはじめ、日本貿易振興機構(JETRO)、全国農業協同組合中央会など15団体はこのほど、農林水産物・食品の輸出拡大のための連携体制構築に向けた連携協定を締結した。政府は、昨年決定した「農業競争力強化プログラム」において、生産者の所得向上につながる日本産農林水産物・食品のブランディングやプロモーション、輸出事業者へのサポートを早急に強化するため、農林水産物・食品の輸出促進にミッションを特化した組織を創設するとしている。

新たな組織はフランス食品振興会(SOPEXA)をモデルに、「日本版SOPEXA」として創設する。フランス食品振興会は、食品・飲料に関する販売促進や広報プロモーション、ブランディングを行うなど、事業者のサポートを行う団体。対象とする市場の戦略的アドバイスから、顧客が指定した特定の活動の実施まで柔軟に対応する。

「日本版SOPEXA」は、JETROの組織を活用しつつ、将来民営化することを視野に、意思決定の独立性、民間企業などの外部人材の登用、成果主義の導入により、事業を遂行することが予定されている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする