観光庁 7月宿泊者数56%減 マイナス幅やや改善

延べ宿泊者数前年同月比の推移

観光庁が8月31日に発表した宿泊旅行統計調査によると、7月の延べ宿泊者数は速報値で2258万人、前年同月比56・4%減となった。新型コロナウイルスの影響により前年実績を下回る状況が続いているが、6月の68・9%減と比べるとマイナス幅は改善した。

そのうち日本人の宿泊者数は前年同月比45・7%減の延べ2226万人。6月の61・2%減と比べるとマイナス幅は縮小した。一方、外国人の宿泊者数は32万人にとどまり、前年同月比97%減。

客室の稼働率は30・4%、前年同月比32・9%減という結果となった。施設タイプ別に見ると、最も高かったビジネスホテルでも39・5%で、シティーホテルが25・4%、リゾートホテルが24・4%、旅館が21・4%だった。

詳細はhttps://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365141.pdfを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする