守山 小学生らが経営体験 ゲームで簿記を学ぼう

12人の子どもたちがゲームに挑戦

守山商工会議所(滋賀県)は6月24日、守山市中心市街地活性化交流プラザで、「キッズBOKIゲーム」を開催した。同イベントは、守山商工会議所パソコン教室の提案で、子どもたちに簿記に親しんでもらおうというもの。当日は、小学生ら12人が参加した。

キッズBOKIゲームは、公認会計士が開発したボードゲーム。4人1組で行い、それぞれがケーキ屋さんの経営者という設定で売り上げを競う。資本金と借入金を元帳に記載してゲームをスタートし、ケーキの販売数を増やしたり店舗を増やしたりしながらお金の動きを帳簿に記載。ゲームを通じてお金の流れや経理、簿記、会計を体験できる仕組みだ。子どもたちは、上手に稼いで1番になろうと考えを巡らせ、盛り上がった。「小学生も簿記に触れ、楽しく学んだようだ。今後、簿記に親近感を持ち、いずれは簿記検定を受験してもらえるとよいと思う」と同所は話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする