塩釜 御座船が「チョロQ」に ご当地グッズでまち起こし

鳳凰丸チョロQは長さ7㎝、高さ5・5㎝

塩釜商工会議所(宮城県)は10月1日、毎年7月の海の日に行われる「塩竈みなと祭」で鹽竈(しおがま)神社のみこしを奉安し、松島湾を巡る御座船「鳳凰丸」をモチーフにしたミニカー「チョロQ」を発売する。

同所の創立70周年を記念するもので、塩釜の新たな土産品として観光客らにアピールしようと、1万個を作成した。

チョロQは、鳳凰丸を細部まで忠実に再現。みなと祭の写真が印刷された商品ケースの上に置くと、多くの船を従えて湾を巡る海上渡御(とぎょ)の様子を楽しむこともできる。

10月1日からは、1カ月にわたって「みなと塩竈 ゆめ博」が開催される予定。「海・食・歴史」の3つをテーマに市内各所でさまざまなイベントが開催される。

同所は、「まち起こしのためにも、多くの人が訪れるこの機会に土産として広めたい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする