地域発事業の自走化へ まちいくファンディング支援

日本商工会議所はこのほど、2020年度「まちいくファンディング支援事業」として、クラウドファンディング(CF)を活用したプロジェクトの支援を決定した。

選定されたのは、美幌商工会議所(北海道)の「滞留型観光客等の増加を目指した体験、アクティビティ提供拠点の温泉施設リニューアル再開事業」、砺波商工会議所(富山県)の「砺波発! クラフトウイスキーを使用したウイスキーケーキ開発プロジェクト」、川越商工会議所(埼玉県)の「おかず市場」、掛川商工会議所(静岡県)の「掛川桜ライトアップ フォトコンテスト(仮)」の4件。

同事業は、地域課題の解決を目的としたまちづくり・コミュニティービジネスなどのプロジェクトや地域力を活用した地域産品・観光商品などの開発プロジェクトが対象となる。新たな事業化や中途段階にある既存事業の独立採算化(自走化)に向けた取り組みに対して、日商の自己財源により15万円を上限に助成する。また、CF事業者の紹介や、日商が委託するシンクタンクなど専門家からの支援、助言を受けられる。さらに、事業の成否につながったCFの実施プロセスを取りまとめることにしている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする