セレクト地域短信 再エネ活用企業認定へ CO2排出ゼロ目標に

五島版RE100創設委員会の初会合

福江商工会議所(長崎県)や五島市商工会、地域の企業などで組織する「五島市再生可能エネルギー産業育成研究会」(会長:清瀧誠司同所会頭)は、再生可能エネルギー(再エネ)の活用を推進し、島の経済発展に寄与するため「五島版RE100」創設に向け、9月24日に創設委員会を設立した。「RE100」とは、使用電力を100%再エネで賄うことを目指す国際イニシアチブ。近年、東京都や浜松市(静岡県)などの自治体も地域版RE100を導入しているが、民間主導で取り組む事例は全国でも珍しいという。

五島市では2016年に環境省の「風力発電等にかかる地域主導型の戦略的適地抽出手法」の構築モデル事業として洋上風力発電の実証事業を開始。市は「五島市再生可能エネルギー推進協議会」を立ち上げた。この折、同所は電気の地産地消を協議する同研究会をつくり、18年5月に同所と市内の企業約40社が出資し、五島市民電力株式会社を設立。市や環境意識の高い企業などに再エネ電力の販売を開始した。同市の再エネ自給率(再エネ発電量が消費電力に占める割合)は現在50%を超えるが、さらにCO2排出ゼロを実現するため五島版RE100創設を決定した。

9月の初会合では県や市、民間企業が集まり今後の予定などを確認。制度案としては「使用電力が五島産」「CO2排出ゼロ」「再エネ100%」を認証条件とするなどが挙げられている。同所は今後、所内に「RE100認定委員会」を設立し、21年度の企業認定に向けてRE100を宣言する企業の申請、認定・審査の仕組みをつくり、モニターを公募する。

次の記事

セレクト地域短信 コロナ生活応援チラシで会員企業を紹介

宮城県 塩釜商工会議所

塩釜商工会議所(宮城県)は、デリバリーやテークアウト、出張サービスなど会員企業112店の情報をまとめたチラシ3万部を作成した。10月1日の新聞各...

前の記事

セレクト地域短信 コロナ対策万全な店PR グルメカタログ発行

岐阜県 関商工会議所

関商工会議所(岐阜県)は、新型コロナウイルスの感染防止対策に力を入れる飲食店を支援しようと、「〝新しい生活様式〟に本気で取り組む飲食店グ...

関連記事

セレクト地域短信 「創業の部屋」開設 シニア起業家育成へ

埼玉県 深谷商工会議所

深谷商工会議所(埼玉県)はこのほど、企業を定年退職した人材の起業家育成事業を支援する場「創業の部屋」を同所3階に開設した。「創業の部屋」を...

セレクト地域短信 接種証明グッズ配布 利用客へ安全性をPR

広島県 福山商工会議所

福山商工会議所(広島県)は1日、オリジナルの新型コロナワクチン接種関連ツールの無償提供に当たり、会員限定で希望する事業所の申し込み受け付け...

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...