日商 Assist Biz

更新

経営トレンド豆知識 vol.15 観光客のロイヤリティー

観光地のにぎわいが、「Go Toトラベルキャンペーン」で戻ったという声をよく聞くようになりました。都内の旅行関係者に聞いたところ、東京発の人気エリアとして三重、宮城がランクイン、普段人気の沖縄、神奈川が圏外になっているそうです。東京から遠すぎず、近すぎない地域が観光対象として人気のようです。

ただ、外国人観光客は見掛けません。あくまで日本人のみのにぎわい。この状況に「ありがたいです」と喜ぶ観光業関係者が多いと聞きます。理由は? マナーの良さ。外国人観光客は、マナーが悪いと彼らは感じていたからなのかもしれません。さらに部屋の電気が明る過ぎるから直してほしいなど、文句や要望も多くて面倒との話をよく聞きます。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

新型コロナウイルスで、ダメージの大きな地域経済の支援目的もある「Go Toトラベル」が盛り上がらない状況になっています。不安から動きたくない消費者の志向に反したタイミン…

関連記事

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

コロナに負けない「追い風」を見つけた社長にお会いしました。その会社は事務機器関連の商社ですが、4月の売り上げが5割以上も減少。危機的な状況に陥りました。そこで挽回策を…

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

緊急事態宣言を日本全国に拡大することが発表されました。パンデミック爆発を予防するため「最低7割、できれば8割」の接触削減が必要といわれています。海外に比べ「要請」とい…

立教大学大学院非常勤講師 高城幸司

先日、飲食業界のコンサルタントをしている知人から飲食業界の動向をレクチャーいただく機会があり、時代の変化を痛感させられました。誰もが知っている都市部への人口集中。そ…