日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 旬のキーワードで検索を ビジネスモールに新機能

「bmトレンド」コーナーのロゴマーク

大阪商工会議所が運営事務局を務める商工会議所・商工会会員限定の商取引支援サービスサイト「ザ・ビジネスモール」で1月22日、新サービス「bmトレンド」がスタートした。同サービスは、今話題のキーワードのボタンをクリックして企業・商品情報を検索できるコーナー。情報を登録する企業側は、情報に旬のワードを入れることで、検索優位に立てる。検索性が高まることで、ビジネスチャンスが増えることが期待される。

「ザ・ビジネスモール」は全国の商工会議所・商工会が共同運営する企業情報サイト。約27万社の企業情報と約3万2000件の商品サービス情報が登録されている。事務局を務める大阪商工会議所は、2020年3月に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業者を支援するため同モール内に「BM SOSモール」を開設、過剰在庫の販売やコロナ関連商品の情報発信を支援してきた。

「BM SOSモール」は同年12月に終了したが、それに代わる新サービスとして今回「bmトレンド」を開始。「新しい生活様式」「SDGs」「生産性向上」など登録された画面上のキーワードのボタンをクリックすると、そのキーワードを含む商品サービス情報が表示される。

閲覧者は、キーワードに関わる企業を検索しやすく、キーワードに関連した商材やサービスを持つ企業はキーワードを盛り込んで情報提供することで、検索優位に立てるのがメリットだ。

キーワードは常時10個程度を表示し、適宜入れ替える。キーワードの一つを「特集キーワード」とした特集ページも開設。ここでは「売りたい」「買いたい」情報を掲載しておりネット上で商談ができる。

利用するには同モールへ登録が必要。登録すれば、無料で情報を掲載できる。同所担当者は、「旬のキーワードをきっかけにして、ビジネスチャンスにつなげてほしい」と同サービスの利用を呼び掛けている。

詳細は、こちらを参照。

次の記事

鹿児島県 指宿商工会議所

指宿商工会議所(鹿児島県)が特許庁の地域団体商標へ登録出願していた指宿市の名物「指宿温泉」および「指宿砂むし温泉」が、2020年12月17日付で商標登録された。指宿温泉は豊…

前の記事

福岡県 飯塚商工会議所

飯塚商工会議所は1月18日から、AR(拡張現実)技術を活用した非接触型の観光事業として、「ARデジタルスタンプラリー」を実施している。飯塚市内の観光地を巡り、スマートフォ…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…