日商 Assist Biz

更新

東日本大震災から10年を迎えて 三村会頭談話

東日本大震災の発災から10年を迎えたいま、改めて、犠牲になられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、ご家族の皆様や今も避難を余儀なくされている人々に心からのお見舞いを申しあげます。また、東北の復旧・復興に力を尽くされてきた全ての方々に敬意を表したいと思います。

10年という年月を経て、被災地における道路や住宅などの復旧は着実に進展しました。また、多くの事業者が事業再開を果たしましたが、近年頻発する大規模風水害や新型コロナウイルス感染症の拡大など、経営努力を超えた苦難に直面している事業者も少なくありません。

原発事故についても、根強く残る風評や海外の食品輸入規制、長期的対応が必至の廃炉や対策が急がれる処理水処分などの諸問題の解決に向けて、引き続き国の主体的な対応を求めてまいります。

他方、「福島イノベーション・コースト構想」や「国際リニアコライダー」など東北の新たな地域振興につながる幾つもの大規模プロジェクトが将来の希望の光となっています。今夏の「復興五輪」が東北復興の象徴となることにも大きな期待を寄せております。

商工会議所においては、震災直後から被災事業者の経営相談・支援はもとより、「遊休機械無償マッチング支援プロジェクト」や商談会・物産展を通じた販路拡大支援などにより地域経済の復興を全力で進めてまいりました。今後とも、全国の商工会議所ネットワークを活用し、東日本大震災という未曽有の災禍の克服に向けて取り組んでまいります。

(3月11日)