日商 Assist Biz

更新

東商検定IBT特集 インターネット経由の試験に移行 安定的な受験機会を提供 大きく高まる利便性 企業の人材育成に追い風

東京商工会議所は、2021年度から同所主催の検定試験をIBT(Internet Based Test=インターネット経由で行う試験)に一新した。これまで年2回、会場集合型の筆記試験を実施してきたが、20年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により上期試験が中止となり、受験者が受験機会を喪失することとなった。そこで感染症や自然災害による影響を抑制し、安定的な受験機会を提供することを目的に、期間内であれば受験者が受験日時や場所を自由に選択できるIBT試験で実施することを決めた。特集では、新しく生まれ変わった東商検定の魅力を紹介する。

「東商検定IBT」として、新たにスタートする試験は、「カラーコーディネーター検定試験(アドバンスクラス・スタンダードクラス)」「ビジネス実務法務検定試験(2・3級)」「福祉住環境コーディネーター検定試験(2・3級)」「BATIC(国際会計検定)」「環境社会検定試験(eco検定)」「ビジネスマネジャー検定試験」の6検定試験(なお、「ビジネス実務法務検定試験1級」「福祉住環境コーディネーター検定試験1級」は、21年度は統一試験にて実施)。

同所では、「試験期間内であれば、受験者が自身の都合に合わせて好きな日時を選択でき、試験会場に集まることなく、自宅や会社で受験できるようになる」と大きく向上した利便性をアピール。「生産性の向上が企業にとっての至上命題となる中、人材の育成・成長につながる『検定』への期待はさらに高まっている。東商検定IBTを通じて、より多くの人・企業に安定的な受験機会を提供していきたい」とインターネット経由の検定の活用を呼び掛けている。

IBT移行のメリットは、大きく三つ。1点目は、「受験日が選べる」ことだ。もちろん、土日や祝祭日も受けることができるが、試験期間内であれば、平日や業務時間内にも受験が可能となった。これにより、新型コロナウイルス感染症や自然災害に伴う中止のリスクを回避できることに加え、試験が休日のために、家庭や仕事の事情で受験が難しい従業員にも受験を勧めやすくなった。

2点目は、「即時採点の導入」ですぐに合否が分かるようになったことだ。これにより、受験者は、次のステップアップにすぐに取り組め、モチベーションを維持して時間を有効に活用できるという利点がある。

3点目は、受験場所だ。IBTにより、試験会場の自由度が一気に高まった。受験者は、自宅や会社でも受験できるので時間を効率的に使えるとともに、受験に向けた学習に集中できる。また、当然のことながら、コロナウイルス感染症の感染リスクも避けることができる。

同所の検定試験は、これまでも、多くの企業や学校の人材育成ツールとして活用され、年間受験者数は6検定合計で約13万人。全国280商工会議所でも実施しており、多くの企業から高い評価と信頼を得ている。今回のインターネット経由の試験への移行で、さらに活用が広がることが期待される。

◆使用機器

(受験者にて準備が必要)

●インターネットに接続されたコンピューター(PC)

〈推奨OS〉Windows10最新版、MacOS最新版

〈推奨ブラウザ〉GoogleChrome最新版

〈推奨ネットワーク環境〉上り下りともに2Mbps以上の速度

※タブレットやスマートフォンでの受験はできません

※ブラウザ以外のアプリケーションは使用できません

●ヘッドセットの一部ではないコンピューターの内部カメラまたはウェブカメラ

●ヘッドセットの一部ではないコンピューターの内部または外部のマイク

●コンピューターの内部または外部のスピーカー

●マウスまたはコンピューターに付属するタッチパッドなど

●(BATICのみ)キーボード

◆受験環境

(以下の全ての条件を満たす受験環境の準備が必要)

●待機開始~試験終了までの間、カメラに他の人が映り込まない、かつマイクに他の人の声が入らないような間隔・空間を確保すること

※カメラに他の人が映り込んだ場合やマイクに他の人の声が入った場合は失格となります

●使用機器は机の上などに設備すること

●受験者の周辺(机の上を含む)には、所定の持ち物や受験上の配慮申請で使用が許可された物以外の物が置かれていないこと

※家財などの撤去は不要です

●カメラで受験者の動作や身分証明書、受験環境などが確認できるように適切な照明を点灯すること

●カメラで試験中の映像(受験者の上半身、身分証明書、背景映像など)を録画し、マイクで音声を録音することから、他者のプライバシーを侵害する可能性がある物などが録画・録音されないようにすること

※公園やインターネットカフェ、レストランなどの公共スペースでは受験できません

※海外からの受験はできません

◆各試験情報

ビジネス実務法務検定試験:https://www.kentei.org/houmu/

ビジネスマネージャー検定試験:https://www.kentei.org/bijimane/

eco検定:https://www.kentei.org/eco/

福祉住環境コーディネーター検定試験:https://www.kentei.org/fukushi/

カラーコーディネーター検定試験:https://www.kentei.org/color/

BATIC:https://www.kentei.org/batic/

東京商工会議所検定試験情報:https://www.kentei.org/