コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの合意に向けた国際的な協調の進展だ。これまでは、各国の利害が錯綜(さくそう)し、米国が非協力的だったこともあり、出口の見えない議論が続いていた。感染症の対策経費の支出による大幅な財政悪化、そしてバイデン政権が積極的な姿勢に転換したことが合意に向けた議論を後押ししたといわれる。

▼税制の国際的ルールづくりの背景には、目に余る企業の租税回避行動がある。パナマ文書の発覚、そしてスターバックスの英国でのタックスプランニングの事例は記憶に新しい。こうした計算高い企業の節税行為は、1970年代以降、資本取引の自由化によって誘発されたものだ。新自由主義の考え方に基づいた制度変更は、グローバルな資本市場を形成し、世界経済の発展に寄与したが、財源不足に悩んだ小国や途上国が法人税率の引き下げ競争に走ったのも事実である。

▼今回の取り組みの目的は、企業の租税回避行動を是正し、正当な税負担を企業に課すことだ。しかし、それだけではない。本来、法人税率は各国政府が自由に設定できる。その行為に、国際社会が一定の制限を設定するのは重大な国際社会の介入でもあるが、過度な競争を改め、公正な社会を取り戻すための試みでもある。これは、自由な競争を前提とする過去50年に及ぶ新自由主義に立脚したグローバル化の再構築を意味する。公正なグローバル競争を実現することができるのか。アフターコロナを、これまでの新自由主義の政策を刷新し、新たなグローバル化を形成するための出発点としたい。 (NIRA総合研究開発機構理事・神田玲子)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

前の記事

コラム石垣 2021年6月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

新型コロナウイルスの変異株が世界的に猛威を奮っている。イギリス変異株は従来株と比べ1・5倍感染力が強く、インド株はさらにそれの1・5倍も強い。...

関連記事

コラム石垣 2022年1月1日号 コラム「石垣」執筆者に聞く 2022年の展望

コラムニスト 宇津井輝史/NIRA総合研究開発機構 理事 神田玲子/観光未来プランナー 文化庁日本遺産審査評価委員 丁野朗/時事総研 客員研究員 中村恒夫/政治経済社会研究所 代表 中山文麿

日本商工会議所100周年を迎える2022年。いまだコロナ禍の収束を見ない中、時代はどう変わるのか。本紙コラム「石垣」執筆者に、今年の日本と世界の...

コラム石垣 2021年12月11日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

先日、久しぶりに友人と会った。先の衆議院選挙について「成長と分配ということだけれど、今更何を言っているのか」と首をかしげた。確かに、成長...

コラム石垣 2021年12月1日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

先月の8~11日、中国共産党の第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が北京で開催され、習近平国家主席の主導の下、共産党の第3回の歴史決議が...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする