永年の功労を表彰役員・議員に感謝状

日本商工会議所は、9月16日に開催した通常会員総会で役員・議員などの表彰を行った。

表彰では、商工会議所に功労のあった役員・議員447人、職員427人を表彰したほか、マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資制度)の運用に業績のあった商工会議所を表彰する「マル経資金関係表彰」では、札幌(北海道)など19商工会議所を表彰。検定の発展に尽力した商工会議所が対象の「検定事業表彰」では、「受験者数拡大」に業績のあった横手(秋田県)など16商工会議所が、「検定事業推進」に業績のあった青森など12商工会議所がそれぞれ表彰された。

他の範となる事業を展開した商工会議所を表彰する「事業活動表彰」では、全国の198カ所の青年部などの協力で、日本商工会議所青年部が実施した「子供向け絵本プロジェクト」をはじめ、恵庭(北海道)長野、庄原(広島県)、宇部(山口県)、福江(長崎県)の6会議所などを表彰。また、新型コロナウイルス感染症に対応した事業活動が高く評価された岡谷(長野県)、小諸(長野県)、三島(静岡県)の3商工会議所も表彰されている。