道路占用許可基準の緩和措置を 22年3月末まで再延長(国交省)

国土交通省はこのほど、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店などを支援するための緊急措置として、テークアウトやテラス営業などのための道路占用許可基準の緩和措置について、再延長することを発表した。9月30日までとしていた期間を、2022年3月31日まで延長する。緩和措置は、各地商店街や飲食店などからの要請を受け、日本商工会議所などが求めていたもの。日商では、中心市街地や商店街などの活性化に向け、措置の活用などについて呼び掛けている。

詳細は、こちら(https://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001489.html)を参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする