国交省 バス6社の共同経営認可 前橋市が全国3例目に

国土交通省はこのほど、群馬県前橋市内の一部区間におけるバス事業者6社の共同経営について独占禁止法特例法に基づく認可を決定した。認可を受けた6社は、「等間隔運行の実施に関する協定」を締結。2022年4月1日から運行を開始する。

従来は対象となるバス事業者間でダイヤ調整することは独占禁止法で禁止されていたが、前橋商工会議所などの規制緩和要望が実現し、20年11月に独占禁止法特例法が施行された。

特例法による共同経営は岡山、熊本に次いで全国で3例目となる。前橋市内の6社は重複している区間のダイヤを調整して事業の効率化を図るとともに、利用者の利便性向上を図る。

詳細は、https://www.mlit.go.jp/common/001424935.pdfを参照。