あの人を訪ねたい 三屋 裕子

「プレーヤーファーストで組織改革を進めて、バスケットボールを通じて日本を元気にしていきます」

「元バレーボール日本代表の三屋裕子さんが、日本バスケットボール協会の会長に、なぜ?」と、選手時代の勇姿を鮮明に覚えている人ほど不思議に思うかもしれない。だが、東京2020オリンピックで女子が銀メダル、男子が45年ぶりに出場を決めるなど今勢いに乗る日本バスケットボール界。改革の旗手は三屋さん、その人である。

銅メダル獲得後に即引退 多彩なキャリアを築く

ジャンプしたときの最高到達点は約308㎝。長身を生かし、攻撃中心のセンタープレーヤーとして三屋裕子さんの活躍は全日本女子バレーボールの歴史に華々しく刻まれている。中学時代からバレーボール漬けの日々を過ごし、13年後の1984年、ロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得すると、その2週間後に現役を引退。同時にバレーボールの名門、日立製作所を退職し、國學院高等学校の教員となる。潔いまでの幕引きとセカンドキャリアへの移行はメディアを沸かせた。だが、三屋さんは当時を振り返りながら「ちょうど、テレビで『金八先生』が放映されていた影響もあって」とあっけらかんと笑った。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

あの人を訪ねたい 杉浦 佳子

東京パラリンピック金メダリスト

東京2020パラリンピック競技大会の自転車競技2種目で、世界の頂点に立った杉浦佳子さん。その偉業には「日本自転車史上初」「日本最年長金メダリス...

関連記事

あの人を訪ねたい 松本 幸四郎

歌舞伎役者俳優

豊かな演技力で古典から狂言、新作歌舞伎までこなし、立役から女方まで務める歌舞伎役者・松本幸四郎さん。映画やテレビドラマなどにも活躍の場を...

あの人を訪ねたい 米良 はるか

READYFOR 代表取締役CEO

「群衆」(crowd)と「資金調達」(funding)を組み合わせた造語の「クラウドファンディング」。資金を集める選択肢の一つとして欧米で広がったサ...

あの人を訪ねたい 夏井いつき

俳人

自身の創作活動のみならず、句会の開催や執筆、テレビ・ラジオ出演、講演会などにひっぱりだこの俳人・夏井いつきさん。ややもすると「敷居が高い...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする