情熱ぴーぷる 第20回女性起業家大賞・グロース部門優秀賞

プライベートゾーンの「自分の感覚」をありのままに受け入れられるものづくり

株式会社りぼん 代表取締役 大原 万里亜(おおはら・まりあ)

株式会社りぼん 代表取締役 大原 万里亜(おおはら・まりあ)

生理や排泄を快適にしたいという思いが原動力

私は2013年に起業しました。きっかけは16年間勤めていた特別支援学校の教師時代の経験です。障がいを持つ子どもたちが、生理や排泄(せつ)で不快な思いをしているのを見て、快適にしてあげたいと思ったからです。

石油系の素材でできたおむつや生理用品の間に布をはさむだけでも、赤くかぶれた皮膚は赤みが引き、代謝や巡りがよくなると感じました。使い捨ての既製品を使うことを当たり前とせず、その人に合うものを、工夫して改良すれば、悩みやストレスがかなり改善するということを学びました。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

情熱ぴーぷる 第20回女性起業家大賞 スタートアップ部門優秀賞

株式会社BLAST

私が起業したきっかけは、日本のジェンダーギャップ指数(各国の男女格差を数値化)の低さに衝撃を受けたからでした。起業する前は、SNSマーケティ...

関連記事

情熱ぴーぷる 第20回女性起業家大賞 最優秀賞

株式会社Special Medico

弊社は、主に健康診断の現場や企業へ、医師や産業医を紹介するなど、予防医学の分野で事業を行っています。「予防医学」と聞くと、多くの人は健康...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

株式会社マリア

私は65歳で不動産業を起業しましたが、その7年前に不動産会社に入社し、当初は主に一般の賃貸仲介を行っていました。その業務の中で、いわゆる障が...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門特別賞

カナカワニシアートオフィス合同会社

造形や行為によって未踏の表現を深耕し、新たな世界の視座を提示するアーティストたちの仕事の結晶である現代アート作品は、知的好奇心を刺激し続...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする