日商 Assist Biz

更新

i-BOX 今月の情報宅配便!! 来館者数を約3倍に伸ばした道の駅

1300平方メートルの広々とした施設

伊達市観光物産公社

地元の名物や観光資源が集まることで一大ブームとなり、今では全国1134カ所に点在する「道の駅」。北海道内だけでも122カ所ある中、2012年に新築移転オープンした「道の駅 だて歴史の杜 伊達市観光物産館」は、当初50万人だった年間来館者数を、約3倍の140万人まで伸ばしている。

北の湘南とも呼ばれ、周辺には洞爺湖をはじめとする観光名所が多い伊達市。一方で、農業も盛んなことから、まちづくりの根幹となる第一次産業に重きを置いた施設の必要性が数年前から指摘されていた。その検証のため、同市は3年間「軽トラ朝市」を実施。消費者の反応やニーズの確認を行ったうえで、物産館に農産物や加工品のコーナーを設けることになった。

元々、伊達市ではハウス栽培の農産物が安定して生産されていたが、販路が限られていた。物産館での直売が始まったことで、生産者がパッケージなどにも創意工夫を施して質が向上。結果的に消費者側の選択肢が増え、来館者が増加した。今では、市内80戸以上の生産者から出荷される新鮮野菜を中心に、加工食品や菓子類などの地元産品を販売する目玉売り場になっている。平日は地域住民が過半数だが、土日には35%が室蘭や登別などの隣市、10%が札幌市と遠方からの来館者数が増える。

北海道定番の土産品は置かず、伊達市産の商品だけを販売するこだわりの品ぞろえ。来年4月は隣地に「だて歴史文化ミュージアム」が完成予定で、また新たな人の流れが生まれそうだ。

お問い合わせ

連絡先:伊達市観光物産館

所在地:北海道伊達市松ヶ枝町34-1

電 話:0142-25-5567

HP:http://www.datebussan.jp

次の記事

新潟県 燕商工会議所

アンチエイジングや健康意識の高い女性たちをターゲットに、体に優しいローカルフードを提案するブランド「HIEN(ヒエン)」が話題になっている。洋食器のまちとして名高い燕市…

前の記事

栃木県 足利商工会議所

栃木県南西部に位置する足利市は、東京都心から電車で1時間半ほど。数ある観光スポットの中でも、足利フラワーリゾートが運営する「あしかがフラワーパーク」は老若男女が楽し…

関連記事

京都府 京都商工会議所

「建設ディレクター®」は、ITスキルとコミュニケーションスキルにより、オフィスから現場支援を行う新しい職域。オフィスと現場が相互協力する仕組みの導入で、現場担当者は品…

岐阜県 中津川商工会議所

「SynchroAZ(シンクロアイズ)」は、作業員視点の動画をリアルタイムでパソコンに送ることができるスマートグラスだ。しかも作業員の手をふさがないのも、好都合。これは、電…

岐阜県 土岐商工会議所

昭和35(1960)年に創業した陶磁器卸売業のカネスは、世界的な課題である海洋プラスチック汚染問題に着目し、昨年から美濃焼ストロー「MYSTRO(マイストロ)」の製造販売を開始…