日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 光の人/働き方改革のすべて

光の人

今井彰 著

戦後、廃墟と化した東京を中心に、全国で多くの戦争孤児が生まれた。その孤児たちに救いの手を指し伸べたのが、本作の主人公である門馬幸太郎。20代の若き門馬は教師の職を投げ打ち、収入の見通しもないまま孤児たちとの共同生活を始める。NHK「プロジェクトX」元プロデューサーの著者が、実在の人物をモデルに描く感動の物語。

(四六判/352頁/1800円(税抜き)/文藝春秋)

働き方改革のすべて

岡崎淳一 著

本書は、内閣官房働き方改革実現推進室で、改革の実務を担った著者が、働き方改革の狙い、改革実現までの経緯、さらに具体的な制度の中身と適切な対応ポイントまで、自ら詳細に解説している。労働時間、休暇制度、同一労働同一賃金など、「働き方改革」について正しい知識を学び、具体的なアクションを検討するために、経営者、労務担当者必読の一冊。

(四六判/252頁/1600円(税抜き)/日本経済新聞出版社)

次の記事

藤原敬三

本書は、東京都中小企業再生支援協議会統括責任者などを務めてきた中小企業再生のスペシャリストである著者が、中小企業の再生に必要な事項や再生支援の流れなどを説明している…

前の記事

木村哲也/日本政策金融公庫総合研究所

筆者が代表を務める会社が開発した「製造ライン遠隔モニタリングシステム」は、少ない初期投資で済み、古い設備でも導入でき、導入方法も簡単と注目を集めている。本書は、開発…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…