セレクト地域短信 まち歩きで魅力探訪 地元巡る「おかやるく」

諏訪湖北にある史跡や古墳を巡るコース

岡谷商工会議所(長野県)は4月27日~30日の4日間にわたり、まち歩きイベント「おかやるく」を開催した。ガイド役は地元住民。地域に住む人だからこそ知り得るディープな岡谷市の魅力に触れられる機会とあって、6種類8コースにそれぞれ定員を上回る参加者が集まった。毎年、同期間に開催される複合型イベント「春市2019」が過去最多の14会場で行われたこともあり、相乗効果で大型連休中の岡谷市内が多くの人でにぎわった。

ものづくりのまちとして知られる岡谷市の魅力をまち歩きをしながら知ってもらおうと、4年前から始まったイベント「おかやるく」。まち歩きの先駆的な長崎県のイベント「長崎さるく」を参考に、「岡谷を歩く」「岡谷LOOK」の意味を込めて名付けられた。いわゆる観光案内ではなく、地元住民が大切にする日常の風景やグルメなどにスポットを当て、地元目線で組み立てたコースで、まちの新しい魅力を伝えることにこだわった。

各コースの所要時間は2時間半程度。6種類八つのコースに、県外から参加の12人を含む全59人が参加した。まちの遺跡や史跡を巡る「OKAYA BIGINING」、空き家活用術を考えながら見学をする「空き家見学会」、専門家と一緒に歩く「まちなかバードウオッチング」、馬肉料理に特化した「うまいグルメの食べ歩き」など、穴場や名所巡りが楽しめる。定員を少なく設定していることで、「ガイドさんの話をじっくり聞けた」と好評で、「地元の人も知らない古墳や史跡を巡ることができてよかった」「ブラタモリの気分になれた」など、アンケート回答者の全員が楽しかったと答えた。

同所では、年2回の定期開催を継続しながら定着を目指している。次回は今年11月上旬を予定。今後は、コース種類の拡充に合わせて、年間開催も検討していく。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 防災対策不十分が半数超 課題は、情報不足

愛媛県 松山商工会議所

松山商工会議所(愛媛県)はこのほど、四半期ごとに行う「中小企業景況調査」の付帯調査として実施した「防災意識に関する調査」の結果を公表した。...

前の記事

セレクト地域短信 「岡崎会議弁当」ウェブサイト運営

愛知県 岡崎商工会議所

岡崎商工会議所(愛知県)は今年3月、同市内でお弁当を販売する店舗情報をまとめたウェブサイト「岡崎会議弁当」を開設した。 会議や研修会、周年行...

関連記事

セレクト地域短信 はっさくん年賀状作成 今年の干支「寅」とコラボ

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)はこのほど、「2022年はっさくん年賀状」の画像データを作成した。年賀状は、尾道市因島が発祥の柑橘「八朔(はっさく)」...

セレクト地域短信 「仙台初売り」2日開幕 豪華福袋で盛り上げ

宮城県 仙台商工会議所

仙台商工会議所(宮城県)は、1月2日に開幕する恒例の伝統行事「仙台初売り」を各種催事で盛り上げている。初売りでは、各店舗や商店街が感染症対...

セレクト地域短信 大通りでだるま市 ドライブスルー販売も

群馬県 高崎商工会議所

高崎商工会議所(群馬県)などが協力する「高崎だるま市実行委員会」は1月1日と2日、市の伝統工芸品である「だるま」の毎年恒例イベント「高崎だる...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする