日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 防災対策不十分が半数超 課題は、情報不足

避難に対する備えについて

松山商工会議所(愛媛県)はこのほど、四半期ごとに行う「中小企業景況調査」の付帯調査として実施した「防災意識に関する調査」の結果を公表した。同調査は、昨年7月に愛媛県が豪雨被害を受けたことや、多発する自然災害に防災対策の重要性が増していることから会員企業の防災対策と意識を把握するため実施したもの。調査期間は2月22日~3月1日。職員によるヒアリングなどで会員企業139社から回答を得た。

調査結果によると、災害発生時の「避難に対する備え」について「避難場所までの経路を確認済み」と答えた企業は回答者全体の20%、「特に何もしていない」は28%。「従業員の安否確認」について「連絡方法がある」は37%、「特に何もしていない」は29%だった。

水や食料などの備蓄を「している」企業は36%、「していない」は63%。備蓄しているのは「飲料水」が92・2%と最も多く、次いで「食料」「医薬品」となった。備蓄していない理由は、「何を準備していいか不明」「保管場所がない」などが挙がった。

防災対策の課題としては「費用負担が大きい」「防災対策に対する情報不足」を挙げる企業が多かった。「防災対策マニュアル(BCP)」については「策定済み」は12%、「必要と感じない」は37%だった。

調査結果から、災害対策が不十分な企業は全体の半数を超えており、従業員数が少ない企業ほど対策が取られていない傾向が見られた。同所は今後、防災意識を高めるため、防災対策情報の提供などに取り組むことを検討する。

次の記事

北海道 網走商工会議所

網走商工会議所(北海道)は地元企業の人材確保支援を目的に、求人情報サイト「JOB BOARD ABASHIRI(ジョブボード あばしり)」を3月に開設した。5月10日現在22社が登録し、求人情…

前の記事

長野県 岡谷商工会議所

岡谷商工会議所(長野県)は4月27日~30日の4日間にわたり、まち歩きイベント「おかやるく」を開催した。ガイド役は地元住民。地域に住む人だからこそ知り得るディープな岡谷市の…

関連記事

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した…

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…