日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 中小企業経営に生かすCSR・SDGs

中小企業経営に生かすCSR・SDGs

商工総合研究所 編

SDGs(持続可能な開発目標)、ISO20400(持続可能な調達)、人権デューデリジェンスといった国際的な潮流は、中小企業の経営にも大きな影響を及ぼしつつある。先進的な中小企業は既に対応を始めており、ビジネスモデルを進化させ、CSR経営を実践している。本書は、CSR経営を実践には、多様なステークホルダー間の連携とその支援が重要と指摘。豊富な事例を基に中小企業がCSR・SDGsにどのように取り組むのか、大企業を始めとするステークホルダーは中小企業をどのように支援するのかを論じている。

(B6判/256㌻/1500円(税抜き)/商工総合研究所)

次の記事

勝田吉彰

本書は、外務省医務官として長年、海外生活を送る中で現地日本人社会と向き合い、人々の暮らしを目の当たりにしてきた著者が、外務省を退官後に、軍事政権を卒業したばかりで大…

前の記事

西澤知史

巨大市場に世界から熱視線が注がれる国、インド。多民族、多言語、多宗教などの多様性はインドの魅力だ。インドは今や世界最先端のイノベーション発信拠点でもあり、さらにはア…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…