日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 「途上国」進出の処方箋―医療、メンタルヘルス・感染症対策

「途上国」進出の処方箋―医療、メンタルヘルス・感染症対策

勝田吉彰 著

本書は、外務省医務官として長年、海外生活を送る中で現地日本人社会と向き合い、人々の暮らしを目の当たりにしてきた著者が、外務省を退官後に、軍事政権を卒業したばかりで大きな変化を遂げているミャンマーを定点観測して得られた「途上国」の実情をまとめた一冊。これまで企業進出がほとんどなかった国へ事業を展開していくに当たり、現地の人々や日本の派遣元企業とのつながり、行動の仕方にとどまらず、ストレス要因とその対処法など、海外進出企業が欲するさまざまなノウハウ、情報について、発展途上国の生活者を支えてきた経験を基に紹介する。

(A5判/208㌻/1800円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

おすすめ書籍 すごすぎる!武将たちのPR戦略

殿村美樹

歴史に名を残し、時代の勝者となった偉人たちから現代に通じる「本質」を学ぶ一冊。最新PR分析で見えてきた、偉人たちの「別の顔」とは何か。関ヶ...

前の記事

おすすめ書籍 中小企業経営に生かすCSR・SDGs

商工総合研究所

SDGs(持続可能な開発目標)、ISO20400(持続可能な調達)、人権デューデリジェンスといった国際的な潮流は、中小企業の経営にも大きな影響を及ぼしつ...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...