日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 台湾交流事業

岡崎YEG

台湾・高雄市での高雄IMCのお出迎え

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、岡崎YEG(愛知県)が長年にわたり行っている「台湾交流事業」について紹介する。

岡崎YEGは、平成3(1991)年から約30年間にわたり台湾の高雄市国際工商経営研究社(以下「高雄IMC」)と交流事業を行っている。

台湾の高雄市にある高雄IMCは、同市を中心とした企業の経営者約200人が所属し、会員相互の交流と商工業の発展、経営および管理上の各種問題研究、健全な人格・リーダーシップ向上のための研鑽の三つを活動目的として、異業種交流勉強会などを行っている団体である。

交流は、毎年4月の岡崎YEGの定時総会と9月の高雄IMCの社長交代式にて行われている。今年度も4月23日に行われた定時総会に30人が出席し、交流を図った。

昨年9月の社長交代式には14人が出席し、その後、高雄IMC主催の研修が行われ、親会である岡崎商工会議所の顧問・古澤武雄氏(東海光学株式会社代表取締役会長)も同行した。研修では、高雄IMCのメンバー企業の見学や、懇親を深めるための会食会が催された。

29(2017)年度には、謝瑩新氏(第48代高雄IMC社長)の提案により、高雄IMCと「ビジネスマッチング宣言」を取り交わし、現在は、親会である岡崎商工会議所とも連携している。今年11月に予定されている名古屋商工会議所主催のビジネスフェアには、岡崎商工会議所の仲介により、高雄IMCも出展する予定だ。 こうした国際的な交流が、岡崎YEGの若いメンバーの刺激となり、自己研鑽や新たなチャンスの獲得につながっている。

岡崎YEG令和元年度会長・水越晴彦氏のコメント

「高雄IMCとの交流は、国際人としての教養を高める上で最高の事業です。国外への研修事業を企画しても、工場見学や観光といったことしかできませんが、高雄IMCとの交流事業は、言葉の通じない外国の方をいかにしてもてなし、喜んでいただけるかを考えることができる研鑽の場となっています。参加することで台湾の人々の生活や考え方、そして温かい対応に触れることで、精神面での成長につなげることができています。こうした経験を、仕事で海外へ展開するときに生かすことができると考えております。また、9月には高雄IMCの社長交代式もあり、引き続き交流を深めていきます。この先も、高雄IMCと深い絆で結ばれていくことが、岡崎YEGの発展にもつながるはずです。最近では親会がこの事業を重要視するようになり、岡崎YEGのみならず、地域全体の具体的なビジネスという形で発展することを期待しています」

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)広報委員会

次の記事

埼玉県 さいたまYEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、さいたまYEG(埼玉県)が5月12日に初開催した「子供が創る子供が主役」のイベント「TAMAZOFESTA」…

前の記事

岐阜県 美濃加茂YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、美濃加茂YEG(岐阜県)が取り組む「認知症サポーター養成講座」について紹介する。美濃加茂市の高…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…