この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

前の記事

まちの解体新書 異国情緒漂う チャンプルー文化のまち

沖縄県 沖縄市

沖縄市は、沖縄本島のほぼ中央部に位置し、空の玄関口、那覇空港から車で50分ほどの距離にあるまちだ。戦後、嘉手納基地の〝門前町〟として発展し...

関連記事

まちの解体新書 伝統や文化を継承し 飛躍する蔵のまち

栃木県 栃木市

小京都、小江戸として知られる栃木県栃木市。古く律令時代には下野(しもつけ)国庁が置かれ、江戸時代には、日光例幣使(れいへいし)街道の宿場町と...

まちの解体新書 伝統産業と最先端技術が融合し 多文化共生を推進する

福井県 越前市

福井県越前市は、平成17(2005)年に旧武生(たけふ)市と旧今立町が合併して誕生したまち。「当市の歴史は古く、大化の改新の頃に、越前国の国府が...

まちの解体新書 何度も訪れたくなる 歴史・化石・ゴルフ・陶器のまち

岐阜県 瑞浪市

2018年に放送された東美濃地域が舞台のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に続き、20年のNHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』を控え、盛り上がり...

検索

月刊「石垣」

20229月号

特集1
西九州新幹線開業!連携で新たな経済・観光振興へ

特集2
日商創立100周年記念講演会 第二弾|第4次産業革命の中心的な企業を目指して

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする