日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 〝空自空上げ〟普及へ ジビエ肉使用も計画中

西正次会頭(左)が普及協定に調印

小松商工会議所(石川県)は、航空自衛隊小松基地の食堂で人気の唐揚げ、「小松基地空上げ(からあげ)」を地域グルメとして商品化し、普及を推進している。この空上げは、鶏肉を酒かすと塩こうじに漬け込み、衣に米粉を使って揚げるのが特徴。小松市内の精肉店・飲食店など4店がそれぞれ独自性を出した味を提供し好評だ。今後は参加店を拡大するほか、地元名物のジビエ肉を使った空上げの提供も計画している。

「空上げ」とは、「より上を目指す」との意味が込められた呼称で、航空自衛隊各基地が独自の空上げをつくり、定番食としている。小松基地では地元の食材に着目し、酒かす、塩こうじ、石川県産米の米粉を使った空上げを開発。地域おこしになればと2018年9月に同所と普及協定を結びレシピを提供した。

同所は同月、市内の事業者、基地の支援団体などと普及推進団体「小松基地空上げ普及会議」を設立し、認定制度を設けて参加店を募集。テーマソング「スカイ☆フライ」を制作し、小松基地の恒例イベント「航空祭」出店時には空上げ購入者にCDを配布するなどPRに力を入れている。

現在提供されているのは、中出精肉店の「こまつ大麦味噌空上げ」、カフェ&バールエムラインマーケットの「エムズ特製空上げ」、ゆのくにの森漁師の館の「空上げ定食」と、ふる本とカフェこまつ町屋文庫のトマト風味の空上げ。同所は、今後も順次提供店を増やしていく予定だ。

また、同所は害獣として捕獲されるイノシシ・鹿などの肉を使ったジビエ料理「こまつ地美絵」の普及も推進していることから、ジビエ肉を使った空上げの開発も計画中。近年害獣被害の増加が問題となる中、被害を抑え、その食肉を有効活用しようと飲食店や九谷焼・酒造組合などと連携し、こまつ地美絵ブランドの育成を図っている。今春、市内に獣肉加工処理場が完成するのを機に、ジビエ空上げや新たな地域グルメを発信していく。

次の記事

和歌山県 海南商工会議所

海南商工会議所(和歌山県)は旅行専門誌『じゃらん』を制作するリクルートライフスタイルとの連携で1日、ご当地パンフレット『和歌山県海南市じゃらんVol2』のリーフレットとウ…

前の記事

愛知県 碧南商工会議所

碧南商工会議所(愛知県)は22、23日、ものづくりフェア㏌碧南2019」を開催する。ビジネスチャンスを拡大し、未来のものづくりの担い手を確保するきっかけとして活用できる場の提…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…