日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 目指すは、THE 和歌山

和歌山YEG 小山よしおさん

初回にご紹介するYEGメンバーは、和歌山YEGの小山よしおさんです。

和歌山産果実を使ったカクテルなどを提供するバーを経営する小山さんは、地元を愛し、地元らしいお店づくりを目指しています。昨年はある苦難にも見舞われましたが、YEGの力を借りて前進を続ける小山さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの簡単な経歴から、YEGに入って良かったことは?

高校卒業後、名古屋の日本ハムで営業を3年務めました。帰郷後、スーパーの鮮魚部とバーにそれぞれ5年ずつ勤めた後、平成11年に30歳で『サウスウエストカフェ』を開業し、今年8月で20周年を迎えます。個人経営なので、以前は日々のルーティン業務にはまりがちだったのですが、先輩に誘われてYEGに入り、異業種や他府県の方々と交流する機会に恵まれ充実した毎日を送っています。

―昨年末に店舗が火事に遭い大変かと思いますが、今回のことでYEGに感じたことは?

たくさんのYEGメンバーに助けていただき、改めて自分は『YEGの子』なんだなと強く感じました。今はYEG仲間に紹介してもらった仮店舗で営業していますが、早く本格復帰して皆さんに恩返ししたいです。

―最後に全国のYEGメンバーに一言

このたびは、皆さまに多大なるご心配をお掛けし、さらに、ご支援いただけたことに感謝申しあげます。本年度が現役YEGメンバーとしては最後の年ですが、皆さまとのご縁を大切にし、さまざまな面で役立てていきたいです。これからも、『THE 和歌山』をテーマに地域を盛り上げていきますので、ぜひ、和歌山に遊びに来てください。これからもよろしくお願い致します。

サウスウエストカフェ「本店」

和歌山市友田町2丁目4 プラザレヨン4F 開店時間:20時

TEL:073-436-8553

※仮店舗です。新店舗は、6月~7月の開店に向けて準備中です。

次の記事

いつの時代も、世を思い、世を愛する熱い情熱を、青年経済人たちは持ち続けてきました。国の礎となり、己の信じる指標をしっかりと胸に刻み、強い覚悟を心に秘め、勇気を持って…

前の記事

京都府 綾部YEG

高校卒業後にサラリーマンとして、工場で働いていましたが、子どものころからやりたいと思っていた家業の酪農を始めようと思い、独立することにしました。ただ、自分は次男なの…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…