日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 枚方オクトーバーフェスト2018

北大阪YEG

無事に開催できたことを祝して、開会式で乾杯の音頭を取る北角強運営委員長(中央)

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな特徴ある事業に取り組んでいる。今回は、北大阪YEG(大阪府)が中心で運営を担っている、「枚方オクトーバーフェスト2018」について紹介する。

今回で3回目となる「枚方オクトーバーフェスト2018」が9月14日から24日までの11日間、大阪府枚方市の京阪電車の枚方市駅前、岡東中央公園で開催された。

北大阪YEGは、かつて、秋のイベントとして「ええやんか祭り」を開催していたが、同時期に発生した祭りの事故を受け、安全確認のため中止にした経緯がある。そこから秋のにぎわいが無くなったため、それに代わる大きなイベントを開催したいと模索していた。それと同時期に、北大阪商工会議所の活性化を目的とした、組織活性化プロジェクトがスタートし、同所と同YEGの定例会議が開かれるようになり、地域を活性化するためには、市民にYEGを含む商工会議所というものをもっと知ってもらうことが重要であると考えた。

そこで、「ええやんか祭り」を企画していたメンバーが、同YEG会長に就任したことを契機に、「ええやんか祭り」に代わる秋の事業の一つとして2016年に「枚方オクトーバーフェスト」を開催することとした。

オクトーバーフェストとは、ドイツ各地で秋の収穫を祝って開催される祭りであり、その中でも代表的なものが「ミュンヘンオクトーバーフェスト」である。同フェストは、100年以上の歴史を持ち、世界各国からおよそ600万人もの参加者が訪れ、ビールを片手に催し物やパレードを楽しむ世界最大級のイベントである。同YEGでは、このオクトーバーフェストを、枚方市の岡東中央公園で開催することで、枚方市駅周辺の活性化と地域市民へのYEGや商工会議所の周知を目指している。

また、枚方市駅前大収穫祭連合会議(枚方市・同所・京阪電鉄・枚方信用金庫などで構成)主催の枚方市駅前大収穫祭とも連携して開催することも決まった。なお、運営にあたっては、同YEGが中心となって構成されている枚方オクトーバーフェスト運営委員会が行っている。

平成30年度単会会長 茂木一彦さんにこれまでの開催状況などを教えてもらった。

「北大阪商工会議所と行政のバックアップがありますし、枚方市駅前大収穫祭も同時に開催されますので、不動産・飲食事業などを経営する地元企業のソウ・ツー、金融機関、京阪電鉄などの協力が大きく、開催の周知にはそれほど苦労はなかったです。京阪電鉄や京阪バスの中吊り広告を安価で出すことができたり、とても助かりました。1回目に開催した時は、会場は砂地の公園ですから、雨が降ると水たまりができて、砂を入れたりする作業が大変でした。市役所の方がその作業を見ていて、地面を砂地からインターロッキングブロック(組み合わせ型舗装ブロック)に変えてくれました。そのおかげで第2回目からは、雨が降っても水たまりの心配はなくなりました。また、当YEGには経営者のメンバーが多いので、オクトーバーフェストを開催する中で、実にさまざまなアイデアが生まれています。それらのアイデアがプロのイベンターに取り入れられたケースもあります。そこは、YEGらしいところかなと思っています」

平成30年度運営委員長 北角強さんに来場者の反応を聞いた。

「アンケートを取ったわけではないですが、私たちは、会場で皆さんと一緒に歌い、踊り、祭りを盛り上げている時の会話の中から出てきた意見を運営委員会で集約して、『来年はこうしよう』と積み上げてきています。今回は期間中に三連休が2回ありましたので、いい条件に恵まれました。休日は11時から開催していますので、お子さま連れのご家族もちらほらと見られるようになりました。次回も、ぜひ、より多くの方に来ていただいて枚方オクトーバーフェストの良さを知っていただきたいです」

このイベントは、プロのイベンターにより全国各地で開催されているが、YEGが主体となり運営するのは全国の中でも“枚方オクトーバーフェスト”だけである。オクトーバーフェスト通の人たちの中にも、ほかとは少し雰囲気の違う“枚方オクトーバーフェスト”ファンの存在が感じられる。1回目の来場者数は、2万7000人だった。2回目は、土日に台風の来多影響もあり、2万1000人と1回目よりも来場者数が減ってしまったものの、3回目の今回は、2万2000人の来場者となった。引き続き、同YEGでは、地域の活性化のために、秋の風物詩として“枚方オクトーバーフェスト”を開催することで、行政・商工会議所・周辺地域の方々への期待に応える活動を続けていく。

次の記事

YEG(青年部)フラッシュ 山陽密着オートレーサー

山口県 山陽YEG

今回、ご紹介するYEGメンバーは、山陽YEG 西村龍太郎さんです。YEGの職業では大変珍しいオートレーサーの西村さんにお話を聞きました。YEGに入るま...

前の記事

YEG(青年部)フラッシュ 大曲YEGメンバーに感謝

秋田県 大曲YEG

今回、ご紹介するYEGメンバーは、大曲YEGの齋藤健太郎さんです。全国のYEGメンバーの中でも珍しい職業、花火師の齋藤さんにお話を聞きました。花火...

関連記事

YEG(青年部)フラッシュ 活動紹介 日本YEGのこだわり 「全国の単会のためになる活動」「日本YEGだからこそできる活動」 無料会員限定

日本商工会議所青年部/岡山県 倉敷商工会議所青年部/石川県 小松商工会議所青年部

日本YEGは、会員自身の「スキルアップ」、会員企業の「業績向上」、会員が拠点を置く「地域の発展」の三つを軸に、全国415単会の成長を促す事業を...

YEG(青年部)フラッシュ 事業紹介 組織力活性化事業

日本商工会議所青年部/宮崎県 小林商工会議所青年部/秋田県 秋田商工会議所青年部

全国に415単会あるYEGのスケールメリットを生かし、各地の単会に寄り添った事業を展開。単会が時代に即して進化していくには、組織力の強化と向上...

YEG(青年部)フラッシュ 事業報告 日本YEG×企業との事業連携 第1弾 青木仁志氏講演会 「永続的に成長し続ける企業とは何か?」

千葉県 柏商工会議所青年部/栃木県 宇都宮商工会議所青年部

事業連携の第一弾として、経営者の目標達成を支援している人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」の代表取締役会長兼社長・青木...