日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年10月21日号 丁野朗

建築の世界では、リノベーションやコンバージョンの用語を頻繁に耳にする。リノベーションは、既存建物の骨格だけを残す大規模改修工事により、元の用途や機能を変更し性能の向上や価値を高めること。コンバージョンは、古い工場や倉庫などを美術館などに転換再生するといった行為である。

▼こうした発想は、今日の観光の仕組みづくりでも重要である。観光は「装置」であり、一度つくれば簡単には変えられず、顧客の価値変化のたびにミスマッチが生じてしまう。ましてや世界各国から訪れる外国人の価値観にどう応えるかが絶えず問われているのである。

▼そんな中、インバウンド客の増加で絶好調の岐阜県高山市の経営戦略を思い出した。高山は江戸期以来の城下町・商家のまち並みなど、天領の姿をよくとどめている。重要伝統建築物群(重伝建)のまち並みは、平成21年にミシュラン・グリーンガイドで最高の三つ星を獲得、観光地としてのブランドを確立した。

▼しかし高山市の國島市長は高山の未来経営について三つの課題を示した。地域の持続力とこれを支える「なりわい(生業)」の再生、100年先の地域づくりを支える環境の保全、人々の生きざま・暮らしぶりとしての文化力である。市長室の片隅に置かれたバイオリンとチェロは、高山を代表する漆(春慶)が施された見事な作品だが、イタリア・クレモナ市の弦楽器職人と春慶の塗師のコラボ作品である。

▼重伝建の古いまち並み同様、地域の伝統工芸・芸能・食文化などは、リノベーションの発想によって新たな意味・価値が付与されてはじめて「持続力」が担保できる。地域のなりわいの再生や地域を支える環境・景観の保全的リノベーションも同じである。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

コラム石垣 2018年11月1日号 中村恒夫

時事通信社常務取締役 中村恒夫

プラスチック廃棄物の取り扱いが世界的な課題になっている。特に、海洋に流出し「マイクロプラスチック」となった細かな粒を、魚介類やプランクト...

前の記事

コラム石垣 2018年10月11日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

デンマークのエースストライカーとして活躍したブライアン・ラウドルップは祖国で神様のような存在である。兄のミハイルはかつてJ1のヴィッセル神...

関連記事

コラム石垣 2021年9月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構 神田玲子

新型コロナ感染症による医療現場の逼迫(ひっぱく)が、閾値を超えた。感染症の発生から1年半が経過した今も保健所の過重な業務量、低調なPCR検査、...

コラム石垣 2021年7月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

アフリカで生まれた人類は、ユーラシアから南米の南端までを数万年かけて歩いて渡った。やがて海は、陸と陸を隔てるものから、つなぐものに変わっ...

コラム石垣 2021年7月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

新型コロナウイルス感染症との闘いを通して、各国が団結して行動する機運が生まれている。そう考える理由の一つが、グローバルな法人税制ルールの...