日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 2019年4月21日号 インターナル・コミュニケーション経営

2019年4月21日号 インターナル・コミュニケーション経営 清水正道編著

インターナル・コミュニケーション経営(IC経営)とは、経営トップが組織的なコミュニケーション活動を経営の中核的企業行動の一つと捉え、経営戦略を効果的に実行していく経営手法。本書は、グローバル展開を進める大企業から社員30人の企業まで、日本企業12社と米国企業9社の職場で進められている「理念・ビジョンの浸透」「社員起点の仕事改革」「新事業の創造」など、働きがいを高める経営改革に向けたインターナル・コミュニケーション活動の仕組みを現場取材に解説を加えて紹介している。(A5判/272頁/2000円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

日本貿易振興機構

貿易などに携わる国際ビジネスの担当者が、実務の現場で「ちょっとした調べものをしたい」ときに役立つ情報を集めた「デスクサイド・マニュアル」として好評の『ジェトロ貿易ハ…

前の記事

永山嘉昭

文章コミュニケーションの生産性を劇的に向上させるポイントが満載の一冊。報告書や企画書などの社内文書、社内外とやりとりするメール、取引先への提案書など、全てのビジネス…

関連記事

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネスモデル転換を図っている。同…

山田泰造

日本商工会議所が発行する『月刊石垣』2016年11月号の特集「ピンチをチャンスに変える プロが教えるクレーム対応の最新技術」に登場した著者の最新刊。現代社会では、ストレス…

日本経済団体連合会

人事・労務全般に関する基本的な事項や、重要な労働法制の概要、改正の動向、わが国の労働市場について、図表を用いて分かりやすく解説している。雇用調整助成金などの新型コロ…