空き家バンク 本格運用開始 国交省

国土交通省はこのほど、自治体が管理する全国の空き家・空き地情報を一元的に提供する「全国版空き家・空き地バンク」の本格運用を開始した。本格運用に当たっては、空き家などの物件情報に加えて、ユーザーのニーズに応えるため、ハザード情報、生活支援情報などを地図上に重ねて表示できるように改良し、高機能化を図った。また、農山漁村地域への移住や空き家などを活用して店舗を経営したいというユーザーのニーズに応えるため、「農地付き空き家」と「店舗付き空き家」に関する新たな検索軸を構築し、簡易に検索できるようにした。

「全国版空き家・空き地バンク」は、今年3月末時点で全国の492自治体が参加。試行運用過程で142件(売買101件、賃貸41件)が成約につながっており、さらなるマッチングの促進が期待されている。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000167.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする