「下町育ちの再建王」の経営指南 時流の転換期に生き残る

世界経済の覇権は、これまで、55〜70年間で別の地域に移っています。アメリカが世界の経済覇権を握ってからおよそ70年。歴史は繰り返すことを考えると、「私はこの数年間で大きな変化があるのでは!?」と考えています。

どう変わるかというと、中国に経済覇権が移行すると考えた方が良さそうです。ヨーロッパにはギリシャのデフォルトの危機だけでなく、ポルトガル、スペイン、イタリアも経済的に困窮する可能性があります。景気が良いことを喧(けん)伝し、失業率を5%と発表しているアメリカですが、実際には13%とも言われています。さまざまな手段を講じ、当面は維持するでしょうが、それにも限界が来ると思います。今、経済覇権を握る力を欧米は有していないのです。

一方、中国の経済的成長は鈍ったとはいえ、まだ続くでしょう。ただ、急激な社会変化に伴って、大きな貧富の差が生まれていますから、常に暴動の懸念がつきまといます。「革命は名もなく貧しき若者の手から始まる」(毛沢東)との言葉の通り、中国は革命が身近な国です。志のある若者たちがネットで連携し、いつ革命が起こるともしれない状況です。

足元の日本を見ると、非正規社員が40%を超えて収入が二極化しています。この実態にアベノミクスの難しさを感じざるを得ません。ただ、2020年までは国内の景気は保たれる、これは日本経済の光明です。

世界経済がソフトランディングできればいいのですが、そうならなかった場合、いつ外国からの余波が来てもおかしくありません。たくさん刷ったお金のツケで、アメリカも日本もハイパーインフレにならないとも限らないのです。

さて、大きな変化が起きたとき、どういう会社が潰れてどういう会社が残るのかというと、借金の無い会社は生き残り、借金のある会社は潰れてしまうのです。ですから、堅実に無借金でやっている会社は残り、借金しながらイケイケで大きく伸ばしている会社は潰れるリスクが高いのです。手持ちの資金で不動産を調達するのはいいですが、大きな借金はしてはいけない時期です。

ダーウィンの進化論と同じで、時流が大きく変化したとき、生き残るのは大きい種でも強い種でもなく、時流に適応した種です。実際、氷河期が来て極端に食料が減ったとき、巨大な体で闊歩(かっぽ)していたマンモスはたくさんのエサを得ることができずに滅亡してしまいました。その一方で、天敵に食べられることを怖れてコソコソしてきたモグラやゴキブリは生き延びています。

時流に適応し存続するための、舵(かじ)取りと体質改善。これこそトップの仕事です。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 自分の人生を制する――前始末の重要性

小山政彦

一流アスリートは練習や競技の前に長い時間をかけて入念にウォーミングアップをします。巨人軍の生え抜き最古参である鈴木尚広選手もその一人。鈴...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 「マーケティング4・0」の時代

小山政彦

先日知人が1800万円の退職金を手にしたそうです。奥さんは、その退職金と年金で老後はのんびり暮らそうと、ほっとしていたといいます。ところが、...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 試練や挫折こそ教養の糧 無料会員限定

小山政彦

東日本大震災に見舞われた2011年、その年に私が書いた『幸せに生きるための法則』という本があります。震災後の7月に出版した本です。あの災いを...

「下町育ちの再建王」の経営指南 失敗を恐れずチャレンジを繰り返す

小山政彦

「コロナ前に戻るのはいつ頃でしょうか?」こういう質問を受けることがあります。希望的観測としては、今年半ばか後半にはコロナはインフルエンザ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 自分との約束を守ることが人脈につながる

小山政彦

若い頃、舩井幸雄さんから、「人脈を広げるには安心できる人間性プラス、何かで一番になること」と教えられました。何かで一番になるというのは、...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする