日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 迷ったら胆(はら)を決めてすぐにやる

迷ったら、どうするか? 故・舩井幸雄氏は「迷ったらやめろ」というのが基本でした。

ある社員が「実は結婚したい人がいるんです。会っていただけませんか?」と相談したときに、「迷っているなら、やめな!」と言ったというエピソードがあります。どれほどラブラブで結婚したとしても、3~4年もたてば、互いの予想外の部分を知り、後悔の気持ちが芽生えてくるのが普通です。人に何を言われようと私は命をかけて彼女と結婚したいという強い思いがない限り、誰が太鼓判を押しても無駄。ですから、「最初から少しでも迷う心があるのなら、やめなさい」とアドバイスしたわけです。

確かに一理あります。しかし私はそうとばかりは言えないと、この歳になって思うようになりました。年を重ねれば重ねるほど、「何かをやりたい」という気持ちは小さくなります。そんななかでフツフツとやりたいことへの気持ちが湧いてきたとしたら、それは素晴らしい出来事だと思うのです。だから私は、中年以上の人には「迷ったら、すぐにやれ」と言います。「自分の人生で一番若いときは今なのです。もう先はない。悩んでいる間にも年をとるのですから、すぐにやるしかない」というのが私の意見です。

私は3年前に船井総研を辞めました。その後の仕事をやりたかったので、余力を残して退社しようと思案した末、60歳で退社の申し入れをしたのです。そのときは、会長に強く止められ、会社に留まりましたが、65歳を譲れない線として退きました。

当時私は、船井総研の代表者ではなく、私個人を本当に必要としている方のためだけに、コンサルタントとして生きていきたいと思っていました。ただ、船井総研の代表者として、船井の指導先を持っていくようなことだけはしたくありませんでした。だから、指導先に自分から連絡をしないと決め、退職のあいさつの手紙も出さなかったのです。葉書や手紙というのは、「あなたとお付き合いしたい」という誘い水だと思ったからです。

胆(はら)を決めたものの、内心はかなりナーバスになっていました。東北復興支援のボランティアではじめた、コンサルティングだけでも毎月物入りです。上場会社の代表者でなくなった自分を必要としている人が、どれだけいるだろうか……。座右の銘である〝心柱(しんばしら)制振〟を何度も思い返した時期でした。

退社後、私を探して連絡をくださった方が予想以上に多く、講演とコンサルティングで多忙な日々を過ごしています。あのとき、胆を決め、歯を食いしばって自分らしい辞め方をしたことが、今の私の自信となっているのかもしれません。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

私は仕事柄、さまざまなタイプの会社のトップを見てきました。イソップ物語の中の「ウサギとカメ」という話をご存じの方は多いと思いますが、人それぞれ多少の能力差はあっても…

前の記事

小山政彦

一流アスリートは練習や競技の前に長い時間をかけて入念にウォーミングアップをします。巨人軍の生え抜き最古参である鈴木尚広選手もその一人。鈴木選手は俊足と走塁技術の高さ…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…