日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 幸運の女神には前髪しかない

私は仕事柄、さまざまなタイプの会社のトップを見てきました。イソップ物語の中の「ウサギとカメ」という話をご存じの方は多いと思いますが、人それぞれ多少の能力差はあっても、昼寝をしても勝てるほどの違いはないと確信を持つようになりました。どんな人でも弛(たゆ)まぬ努力をしなければ、幸運に恵まれることはありません。今、波に乗っている人は、何年か前に「こんな時代が来るに違いない」と見越してコツコツと準備をしてきた人なのです。

私の時流予測を聞いている方は分かると思いますが、「2015年ごろから2020年の間に世界の経済覇権がアメリカから東洋に移る」と、1993年から言い続けてきました。「経済覇権を握る」ということは、そこから世界ブランドが生まれる可能性を握ることでもあり、あらゆる分野にビッグチャンスが訪れます。

世界ブランドはヨーロッパ発だった時代を経て、第二次世界大戦が終結した1945年からアメリカが覇権を握ると、ティファニーやラルフローレンなどのブランドや、ディズニーなどのキャラクターが台頭してきました。しかし、これからは次の覇権国のブランドが生まれて来るわけです。

今のところ次の覇権国は中国になりそうですが、文化圏という考え方でくくると、日本の文化が世界のスタンダードになり、日本のブランドが世界ブランドになるチャンスが到来するというわけです。

私は「日本の文化を世界のスタンダードにする」という夢を昔から抱いていました。65歳で船井総研を退社し、現在の会社「風?」をつくったのも、その夢のため、と言っても過言ではありません。というのも、タイミングが来るときまでに準備をしておいて、ブランドや商品をある程度のレベルに育てておかないと、チャンスを逸してしまうからです。

「幸運の女神には前髪しかない」という言葉がありますが、私はこの考え方に同感です。準備をしていた者は訪れたチャンスにすぐ手を伸ばせますが、準備を怠っていた者はいざというときに手を出せないのです。「風?」の場合には、昨年11月に所属アーティストの作品が大英博物館に所蔵展示されるなど、徐々に準備が整いつつあります。これは前もって準備をして努力を積み上げることで訪れたラッキーなのです。

カメは努力をし続けたので、ウサギに勝ちました。もしウサギが途中で昼寝をせずに弛まぬ努力をしていたらどうだったのでしょう。ウサギでもカメでも良い、弛まぬ努力を忘れなければ、必ず報われます。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

人は誰しも自分の話を最後まで聞いてもらいたいと思っています。部下からの相談事などは、最初の数分で何を言いたいかすぐにわかる場合もありますが、私はじっと我慢をして最後…

前の記事

小山政彦

迷ったら、どうするか? 故・舩井幸雄氏は「迷ったらやめろ」というのが基本でした。ある社員が「実は結婚したい人がいるんです。会っていただけませんか?」と相談したときに…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…