日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 話を聞くことが、信頼を集める鍵

人は誰しも自分の話を最後まで聞いてもらいたいと思っています。部下からの相談事などは、最初の数分で何を言いたいかすぐにわかる場合もありますが、私はじっと我慢をして最後まで話を聞くようにしています。

若いころの私にはこれができませんでした。相手の話の途中で、「君の言いたいことは、こういうことだろう……」と先回りして話の腰を折ることもしばしばでした。当時、私はディスカウントストアに再起をかける親父の願いで、大学院を中退して家業に入ったばかり。勉強しか知らないカタブツが従業員の心を把握することができるはずもありません。むしろ相手の言いたいことを早く言い当てることで、〝自分はあなたの気持ちをこれほど分かっている〟と伝えようとしていたのかもしれません。

しかし、5年ほどしてから、それは間違いだったことに気付きました。ある時、従業員からの相談をたまたま最後まで聞いたことがありました。私としては、世間話を聞き流したくらいにしか感じていなかったのですが、彼はその時のことを他の社員に、「専務が話を聞いてくれた」と非常に喜んで伝えていました。そしてそれ以来、私のことを自分の理解者と思うようになり、率先して仕事をするようになったのです。

私としては驚きでした。聞くことの大切さを、その時知りました。

このことをきっかけに、私の話の聞き方は変わりました。ノートに要点をメモしながら、相手の顔に目をやり、時々うなずきつつ最後まで聞くのです。そして、「君の言いたいことは、これとこれとこれ、この3点でいいの? この際だから、もっとあったら聞かせてくれよ」と、思っていることを全て話してもらいます。そして最後に自分の意見を言います。相手にとって最も大事なのは、話を聞いてもらうことで、私の意見ではありません。この人は私の話をちゃんと聞いてくれた、それで満足するのです。また、メモを取ることは備忘録の意味以外にも大きな効果があります。それは話を聞き漏らさないという真剣な姿勢を相手に伝える効果です。

自分の悩みを100%話せたら、その時点でもう気分的に70%は解決しています。大事なことは、全てを話してもらうこと、そして真剣に聞くことです。

相手は、しゃべりきらないとフラストレーションがたまります。また、真剣に聞かずに途中で話の腰を折るようなことをすれば、あなたのことを理解者だと思わなくなります。話を聞くという簡単なことが、部下の信頼を集める大きな鍵であったのです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

人口減少と過疎化により檀家が減少し、全国のお寺が窮しています。お年寄りが多いと亡くなる方も多いわけですから、有望な業種かと思われがちですが、最近は葬儀も簡素な家族葬…

前の記事

小山政彦

私は仕事柄、さまざまなタイプの会社のトップを見てきました。イソップ物語の中の「ウサギとカメ」という話をご存じの方は多いと思いますが、人それぞれ多少の能力差はあっても…

関連記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…