日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 尊敬される上司の4条件

今から27年ほど前に、私の師である舩井幸雄氏は、『尊敬される上司の条件』として、「業界についての見識がある」「健康でタフである」「情熱がある」そして「専門以外の知識も豊富である」の4つを挙げました。当時は、分からなかったこともありましたが、年々思い当たることも多くなってきました。

「業界についての見識がある」の見識とは、経験と知識があることを指します。業績を上げ、それに関する知識があり、現場に詳しいことは上司にとって必要な条件です。一つ道で飯を食い、人の上に立つわけですから、当然と言えば当然です。

「健康でタフである」ことの重要性は、若いころには気が付きにくいものです。体調が悪い、腰が痛い、頭が痛いと自分の体調のことばかり気にしていては、人はついてきません。人間生身ですから、調子の悪い時もあるものです。それでもそれを表に出さないことを、年齢を重ねるごとに学んできた気がします。疲れが抜けず辛い時でも、意欲満々、元気な声でタフを演じることがトップの使命なのです。

「情熱的であること」は誰もが理解できると思います。燃えるような若々しい心で、仕事に向かわないと成功するモノも成功しません。

最後の「専門以外の知識も豊富である」についてですが、これは予想以上に大事なことでした。

私は雑学好きで、情報に関する数字などを詳細に覚えています。そして面白いと感じた雑学を人との会話や講演の時に、退屈させないためちりばめています。この雑学が妙に感心されるのです。また東京の下町でディスカウントストアを営んでいた実家で約10年の実務経験があったので、男女問題や金銭トラブルなど、人間関係のゴタゴタを嫌というほど見聞きし、対処してきました。そのおかげで中小企業のありとあらゆる問題の対処法が身に付いており、これがまた思わぬ役に立ちました。

支援先と食事をする時などに、悩み事を相談されることも少なくありません。その時に経験をひもとき、一刀両断で答えを出すと、非常に驚かれるとともに感謝されます。

こうしたことが功を奏し、知らないうちに「小山先生は仕事以外のことでも頼りになる」という噂が広がったようです。支援先の方がなぜ私に全幅の信頼を寄せてくださるのか、と考えてみた時、仕事の結果のみならず、仕事以外の部分で私を実際以上に大きく感じてくださったからではないか、と思うのです。

4つの意味を深く理解できるようになったものの、上司として尊敬されているかどうかは分かりません。社員に尊敬できる上司を持つことの幸せを体感させてあげたいと思い、やせ我慢しながら頑張っています。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

私は師、舩井幸雄から多くのことを教えられました。その中に、「70歳代がいい人生になるように生きなさい」という言葉があります。それと同じことを、若いころ、兄のように慕っ…

前の記事

小山政彦

創造性、企画力、自己完結力、やる気、そしてリフレッシュ力。この5つを私は仕事を成功させる要素だと考えています。創造性とは、これをこんなふうにしてみたら、と現状を否定…

関連記事

小山政彦

新型コロナウイルス感染症の問題は、やがて終息を迎える日が来るでしょう。しかし、コロナ禍で始まったリモートワークという働き方は、ある部分継続していくに違いありません。…

小山政彦

お金とマネーは違います。分かりやすくいえば、生活のために使うのがお金。株など投資するために使うのがマネーです。例えば、ソフトバンクグループ会長の孫正義さんが1兆円の…

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…